家庭教師なら銀河で無料体験を実施中

家庭教師の銀河で無料体験やってる?!

家庭教師の銀河で無料体験をおすすめする3つのポイント

 

こんなお悩み

 

 

 

要領がわるいのか勉強机に向かって
集中している割には成績が振るわない
えっと...そもそもうちの子供のやる気がない

 

  • 容量が悪くて困っている
  • 子供のやる気がでない

 

 

そもそも子供のやる気ってどこからくるのでしょう
決してほかのことに無関心とかではなく勉強に何かやる気がでてなくて
自分も経験ありますけど切迫感がないというか
子供の気持ちも分かりますけど
ほっておいてもやる気が出て来るわけではなさそうです

 

 

あかん
もう3年生になる
今からでもホントに間に合うの?

 

 

  • テストが近いけど大丈夫?
  • 勉強のやり方がわからない

そもそもうちの子は勉強のやり方がわからないのではないかと思うこともあります
自分も社会人になってから勉強のやり方を工夫して資格試験を受けたりしましたが
やり方が分からない→やる気が出ないとなってる感じがします
そもそもやり方を友達とか聞いたりしないだろうし
わざわざそのような話をする子は勉強がすでにできているだろうし

 

 

  • 分からないことがあっても質問できない
  • もう遅い....もっと早くにやって行けばよかった

なんか積極性がなくて英語音読を毎日500回やるとか
力技でもいいからやってほしいわ
もう今からじゃ遅いのかしら

 

 

 

 

  • 塾に通ったが思うような結果がでなかった
  • 受験対策はいつからはじめたらいいの
  • 子供にあった学習塾がみつからない
  • 予習、復讐に時間がかかりすぎる
  • 子供のテストの結果がいつも悪い
  • まだ間に合う...
  • リモートワークもあるので時間の短縮になる
  • 受験まで期間が3ヶ月程度の場合、勉強を絞って行うことが必勝法
  • 諦めたらそこで試合終了ですよ
  • 自立心がつくことが大事なので試験対策だけでなく長い目で必要性

 

デメリット

  • 半年は自立心を形作るのに時間がかかるけど将来を左右する大きなマインドセット
  • 中学の1年2年の勉強をおろそかにしてしまったが基礎から少しずつ学べる
  • 競争心が強い子は大きな塾で勉強した方が伸びる可能性がある
  • 個別指導となるのでやや割高になるが無駄になるよりコスパ良し
  • 勉強しなかったのは自業自得と運の悪さとはいうもののなんとかしなければ

やってよかった

  • 体験授業でうちの子に会うってことが分かった
  • 3ヶ月前より成績があがった
  • わからないことを質問できるようになった
  • 自立心が芽生えた
  • 6ヶ月で自立心がで始めた

 

 

あたなの子供に合った家庭教師 ※口コミ含む
無料体験従業を受けたので納得して授業を受けることができた
勉強習慣ができたので志望校に合格できた
勉強での悩みを相談できる
成績があがったので自信が出てきたようだ

勉強時間が増えたので成績があがった

 

 

 

参考サイト 
http://www.notionnanny.net/


あなたの大学受験体験記

私は今社会人で、工学系のエンジニアリングの仕事を経験しています。その経歴になった理由は大学での勉強・研究が影響しています。
大学では化学工学という学問の専攻をしていました。

 

高校生の頃どうしても化学工学のある学科の大学に入りたいと思っており、それを目指して大学受験の準備をしていました。
ですが、具体的にその大学に入りたいと思ったのは私が高校3年生のときでした。私の通っていた高校は進学校で毎年東大、または京大合格者はでていました。
しかし、高校では全く勉強をしておらず、例えば古典のテストは100点満点中6点をとったこともあり、特に漢文は苦手でした。その理由としては、毎日、部活ばかりしていたため、全く勉強をしていなかったためです。
私は中学1年生からバレーボール部に所属しており、高校はバレーボールの推薦で入学しました。中学では県大会に出場するなどそこそこの成績の残していました。そのため高校でもバレーボール部に所属し、高校1年生から高校3年生の最初までバーレーボールの毎日でした、頭の中は毎日ばれーのことでいっぱいで全く勉強をしていなかったです。そのため大学受験はしっかりできておらず、非常に危うかったです。
それでも入学したい大学は高校3年生で決まっていき、どうしてもその大学に入りたいと思いました。ちなみにその大学は地方の国立大学ですが、当時流行っていた燃料電池の研究をしている研究室があり、そこに入りたいと思いました。
まずはその大学のことを知るために、その大学に近い塾に通いました。理由としては、その大学に近い塾にはチューターというアルバイトとして働いている、その入りたい現役の大学生がいるからです。その現役の大学生からどうしたら、その大学に入れるか何度も質問しました。
ある日私は高校で大学の入学実績をみてみるとなんと、自分の高校から毎年その大学に必ず1人以上入学していることが分かりました。しかも学校の推薦入試で。どうやら私の高校から毎年推薦でとってくれているようです。
その日から塾のチューターの大学生に大学について何度も情報を得て、推薦入試を受けました。
推薦入試の志望動機ではなぜこの大学に入りたいか熱く語りました。そして、勉学内容の口頭試問もありました。その1つに「複雑な大陸のようなギザギザした形の面積の求め方を答えなさい。」という質問がありました。他の受験者は微分で求めますとか、積分で求めますなど複雑な回答していました。しかし、私の回答は、「同じ形で画用紙を切り取り、その画用紙の1cm2あたりの重量を量ったあと、その複雑な形の画用紙の重量を測定してその比(割合)で面積を求めます。」と回答すると面接官は驚いていました。
私は手ごたえがり、見事に合格しました。
テストで1桁の点数しかとれなかった私でしたが、なんとか第一志望の大学に合格しました。いろんな手段を使って努力をすれば願いは叶うと思った出来事でした。

 

 

トップへ戻る